ホームページへの訪問者数

26377人

2015年最新版
2015年最新版
たなかいご氏 2年連続RUN伴デザイン正式採用決定!!
たなかいご氏 2年連続RUN伴デザイン正式採用決定!!

ココをクリック↓↓↓↓↓

What's New!

プリントアウト用

2017.5.28(日)第7回倶楽部くれぱす<勉強会>チラシプリントアウト用

 

お問合わせはこちらから

セミナー・勉強会参加申し込み、または講師登録ご希望の方はこちらから

 

ドメイン 

club-craypas.com

倶楽部くれぱすのホームページは「パンダ・アカデミー」が制作しています。

club-craypas collaboration entry-instructor 

生野達也

(Ikuno Tatsuya)

脳卒中専門リハビリスペース 動きのコツ研究所代表

動きのコツセラピスト

理学療法士

県立広島大学大学院 総合学術研究科修士号取得

勤務履歴

・近森リハビリテーション病院勤務
・摂南総合病院 認知神経リハビリテーションセンター勤務
想いを持って行動すれば想いは形となるがモットーです。
☜写真をワンクリック! facebook にjumpします。


 

講演テーマ

 

頑張らない! 楽な介助法を教えます

 ~ 脳科学にもとづく   動きのコツ  

 

 

はじめまして生野達也です♫

 

「動きのコツセラピスト」の生野達也です。私は、大学にて理学療法士の国家資格を取得し、高知県の近森リハビリテーション病院にて勤務していました。AKA、徒手療法、ボバースコンセプトなど、多くの治療手技を積極的に学び、それぞれの効果と奥深さを経験しました。しかし、脳卒中を患われた方々のリハビリを経験する中で、一人で歩けない方やとても不安定な方の共通点として、「自分の体を感じていない」「動きの調整ができない」という問題があることを痛感。そのような方は、足が地面に着いているのに全く感じることができず、「自分の足のように感じない」ともおっしゃることもありました。ご自分の体を感じ、自分らしい体を取り戻すことができれば、一人で楽に歩けるようになることはわかっていながらも、どうすれば良いかわからず日々、悩み、心を痛めていました。そんな中、脳の働きに直接アプローチを行い「自分の体を感じる訓練を行うことが動きに繋がる」という、認知神経リハビリテーションに出会ったのです。まさに衝撃的な出会い。勉強をする中で強く感じたことは、「自分の親や兄弟が病気になったら、このようなリハビリをしてもらいたい」「わかるような体にして欲しい」ということ。その強い想いを胸に、日本における認知神経リハビリテーションの臨床の中心でもある摂南総合病院 認知神経リハビリテーションセンターに入職しました。

その後、臨床経験を重ねながら学会発表や、講師活動などの貴重な経験を重ねました。周囲の素晴らしいセラピスト達に囲まれ、切磋琢磨した関係が続く中で、自分の人生における役割や使命について悩む日々もありました。そんな中、東京にて「発症から約半年が経過すると集中的にリハビリが行えなくなる」というリハビリ期限の問題に直面されている脳卒中を患われた方々と触れ合う機会がありました。詳しくお話させていただくと、その方々は、「どうしてもまだまだ良くなりたい」という強い気持ちを持っておられ、大学での研究にご自身で志願され参加するほどだったのです。その回復へ向けた強い気持ちに心を打たれ、一人のセラピストとして、「回復を願われているにも関わらず、質・量ともに十分なリハビリを受けることができない方々の力になれる人生を歩む」ことを決意しました。


↓ ココをクリック!!

 

                          HP へ Jump!

そのためにも、「意識の仕方で動きが変わる」という新たなリハビリの考え方と臨床を「世界に広める」ことが自分の使命であると実感。その使命を果たすために、まずはセラピスト向けに臨床におけるノウハウをまとめたブログ(認知運動療法士の臨床日記)を開始しました。その後、新たなリハビリの考え方を広めるための科学的な手法を学ぶために、県立広島大学大学院 総合学術研究科に入学。運動と感じる(知覚)ことの関係性について研究し、平成243月に修士号取得し、無事に卒業することができました。平成24年月からは、麻痺からの回復を願われている方々のために、日々のリハビリにおける「楽に動ける意識の仕方」をまとめたブログ(脳梗塞・脳内出血のリハビリ「動きのコツ」)を開始し、メールマガジンも始めました。現在、これまでの臨床経験と研究成果を通じて「動きのコツ」セラピストとして活動中。日々の臨床に加えて、講師としても積極的に活動しています。同じ志を持つ仲間を何より大切にし、ともに人生を歩んでいきます。「回復を願われる方々とセラピストがともに笑い合える社会」を作るために日々、奮闘中。

   もし、あなたが

 と悩んでいるのであれば、もうご安心ください。
 私達が、その答えとあなたの明るい未来への懸け橋となるでしょう。

【業績】(講演:2007年以降分)
2007年 認知神経リハビリテーション ベーシックコース(大阪).補助講師.左半球損傷患者に対する認知運動療法
2008年 大阪認知運動療法オープン勉強会.講師.訓練における問題-仮説-検証作業~認識論的視点について~
2009年 認知神経リハビリテーション ベーシックコース(札幌).補助講師.症例提示~観察から訓練まで~
2009年 認知神経リハビリテーション ベーシックコース(大阪).補助講師.症例で学習する(1)―整形外科疾患―
2009年 岡山認知運動療法勉強会.講師. 観察から仮説を立てるための考え方~認知問題の設定へ~,認知過程の活性化ヘ向けた訓練の考え方~プロフィールの作成へ~
2009年 大阪認知運動療法勉強会.講師.認知運動療法の基本的な考え方
2009年 京都認知運動療法勉強会.講師.上肢の特異的病理の観察
2010年 認知神経リハビリテーション ベーシックコース(大阪).補助講師.症例で学習する(3)~高次脳機能障害~
2011年 身体運動学セミナーⅢ in 埼玉. 中枢性疼痛を呈した慢性期脳卒中患者に対するアプローチ
2011年 認知神経リハビリテーション ベーシックコース(大阪).補助講師.認知運動療法の臨床(演習)
2011年 第9回日本通所ケア研究大会 実技分科会.講師.デイで行う新しい認知運動療法
2012年 株式会社コミュニティケア主催 第1回リハビリテーションセミナー.講師.臨床を変えるために~認知神経リハビリテーションの紹介~
2012年 認知神経リハビリテーション実践者による症例検討会. 注意障害、記名力障害、視覚認知障害を呈した左片麻痺患者におけるプロフィール
2012年 認知神経リハビリテーション ベーシックコース(大阪).補助講師.認知問題を提示するということ―問題・仮説・検証―
2012年 Physio Style特別ワークショップ.講師.認知神経リハビリテーション臨床応用の実際
2012年 デイサービスなかた特別ワークショップ.講師. 認知神経リハビリテーション臨床応用の実際
2012年 PEACH workshop.講師.明日からできる『動きのコツ』の教え方
2012年 大阪認知運動療法勉強会.講師.プロフィールの取り方と具体例
2012年 芦屋セントマリア病院勉強会.講師.認知神経リハビリテーション~基礎編~
2012年 京都認知神経リハビリテーション勉強会.講師.運動器疾患の捉え方~視点を変えてみよう~

 

 動きのコツ研究所 FB

☜ロゴをワンクリック! facebook にjumpします。

 


 

脳梗塞専門リハビリ動きのコツ研究所 Twitter

 


 

動きのコツ blog

☜ロゴをワンクリック! FC2ブログにjumpします。

 


脳卒中専門リハビリスペース動きのコツ研究所

生野達也 連絡先 

  


     

兵庫県神戸市東灘区御影中町3丁目1-7
三原ビル1階 Premium Beauty Love内

 

Tel  078-858-4419

直通 050-3390-0152

 

E-mail  ikuno@ugoki-no-kotsu.com


営業時間

月曜日~土曜日:10:00〜20:00